子どもの2人の生活を始める為に、引越しをしました。新しい土地で新しい気持ち。折角なので何か習い事などをはじめて、心機一転、人生をやり直そうと思います!これから母ちゃん頑張るよ!

引越しをきっかけに新しい習い事をはじめよう!子どもとの新生活ブログ

↑ページの先頭へ
枠上

引っ越しをお考えの方にとって一番気掛かりなのは、

引っ越しをお考えの方にとって一番気掛かりなのは、やはりお金でしょう。

ですが、引っ越し業者によって引っ越しの費用が異なってきます。出来るだけ無駄な出費のない業者を選べたら良いですよね。



他より多少費用が高い業者でも、荷造りの際のゴミを引き受けてくれるようなサービスを行っている所もあるようです。

ですから、実際に引っ越しする時には、複数の業者の見積もりと付随するサービスを確認した上で比較検討するのが良いのではないでしょうか。


これから引っ越し作業を始めようとしているあなた、軍手を忘れていませんか?まず、荷造りの作業を思い浮かべてください。使い慣れないカッター類をひんぱんに使うことで、手を切ったり、刺したりしてしまうこともよくあります。



また、荷物の移動を考えると、常に荷物で手指を挟まれたり、荷物が落ちてきたりする可能性があります。


軍手の選び方を間違えると却って危険で、手と比べて大きすぎたり小さすぎたりしない、手のひら側に滑り止めがついた軍手でないと役に立ちません。作業効率も上がりますし、安全性も高まるでしょう。現在の住まいに、結婚とともに引っ越しましたが、利用したのはヤマト運輸の単身引っ越しサービスです。ヤマト運輸に限らず、業者を利用した引っ越しを初めて行ったので電話でも緊張していたのを覚えています。
最初から最後まで、それぞれのスタッフの方にきちんと対応していただき、作業も丁寧で全く問題なく引っ越しを終えることができました。

今度引っ越しするときも、ヤマト運輸の利用を考えています。

学校や職場から便利なところに住みたい、家族の人数が変わった、などの事情があって引っ越しを検討する世帯が多いかもしれません。


この際だからと、不要なものや長いこと着ていない服などは手放し、引っ越しの荷物を減らすことが多いのではないでしょうか。



ただ、布団を処分したという話はあまり聞きません。

同じ布団を使い続ける世帯がほとんどのようです。
毎晩使っているのでなかなか手放せないものかもしれません。お店などで、何かをしてもらったタイミングでいくらか包む、いわゆるチップの習慣は日本にはありませんが、例外として、引っ越しの時は作業スタッフの面々にお金を渡すという人は、実はかなり大勢います。
大きな荷物の上げ下げを繰り返してくれる作業スタッフに労りや感謝の気持ちにかえて、お金を包むとか、ペットボトルの飲み物と軽食を用意したりすることもあります。



これらは、全く必要ないことではありますが、作業をする方からすると、もらえるのはかなり喜ばしいことのようです。

気持ち良く作業してもらえるなら、チップ的なものも充分ありですよね。
一世帯がまるまる引っ越すとなると、何といっても、当日しかできないことがたくさんあるので、作業だけで一日終わってしまうでしょうから、引っ越し当日の前にできそうなことはできるだけやっておいてください。まず、上下水道をはじめ、電気、ガスなど、引っ越し後スムースに使えるようにしておくことは絶対条件としても、日用品など、引っ越す日まで使うと思うものは他のものに紛れないように、取り出しやすくしておくことも大事です。今の家に私たちが引っ越したとき、1歳になる子供と一緒でした。こんな幼い子供でも今までの環境と違うことは感じているもので少しストレスを感じていたようです。



引っ越したときに、子供のものについてももう使わないものを片付けていきました。


仕分け作業のときに母子手帳があったので、今まで書いたところを改めて読みました。一年くらい前の様子も、とても懐かしいと思ったのを覚えています。
先日引っ越したのは良いのですが、引っ越し当日までに大変な労力を使いましたね。
それまで住んでいたのはマンションだったので、引っ越し業者に大きい荷物を移動してもらいました。引っ越し費用を減らせるところは減らしたいので、業者さんに頼まなかったものは何日もかけて台車を借りて運び出し、転居先に運びました。台車がこんなに使えるとは思いませんでした。
天候は、引っ越し作業に大きく影響することが多く、激しい降雨などがあると、防水の徹底など、作業が増えて時間がかかってしまうでしょう。
梱包をはじめとして、業者に全てお任せのコースを利用しているなら、荷物がびしょ濡れになってしまうなどの心配は不要ですが、道路事情が雨で悪くなったりすることで荷物到着が遅れ、作業終了も遅くなるかもしれません。



業者スタッフに任せず、自分で荷物の梱包を行なうのなら、濡らしてはいけないものはビニールで包む、などの対策はしておきます。万が一のことも考えて防水対策をやり過ぎてしまう、ということはないはずです。ローンの申請も通り、やっと住宅を買えることになりました。

ところが、その契約のため印鑑証明書(及び実印)がいるのをまったく、知らずにおりました。
登録は一応していました。
親が代わりにやっておいてくれました。

しかし、この状態、つまり別の市から転居してくる場合ですと、新居のある市の役所などに行って登録をやり直しておく必要があるわけです。
契約直前になっていきなり登録に行く事になったので当時は結構うろたえました。
枠下 枠上

「荷物の量」「移動距離」「時期」などの違いで引っ越

「荷物の量」「移動距離」「時期」などの違いで引っ越しの相場も変わります。

引っ越しの費用を抑えるためにも、先に情報を集め、目安として一般的な相場を知ることが望ましいです。
これを分かった上で、見積もりをとって業者を比較し、相場より安価でサービスの良い引っ越し業者を見付けるのが良い方法だと思います。大きな荷物を運ぶのは、引っ越し作業の中でも特に大変ですが、なるべく大型家具の表面や、家電に傷がつかないような工夫をしたいところです。
新居にマッチするよう新品の家具などを購入したりした時は、市販の緩衝材などもふんだんに使って運搬するべきなのです。きれいな新しい家具を、新しくてきれいな新居に置けるのは嬉しいのですが、運搬時に傷だらけにしてしまったら、とても損した気分になりそうです。


引っ越しで、一人暮らしの場合、引き続きベッドで寝るのか、布団だけにするか悩むでしょう。
新居がワンルームの場合は特に、ベッドは邪魔に感じられることがあるでしょう。それに、業者がベッドを移動するとき、ドアからベッドを入れることができないなどの困った事態になることもあります。


そのような事態が考えられるのなら、布団の生活を決断するのも部屋をより広く使えるようになりますよ。アパートなどの借りていた部屋から引っ越す時には、クリアしなければならない、退去時の立会いという、お部屋チェックが待っています。

大家さんや管理人さんの立場の人が部屋に入ってきて、破損などがないか細かくチェックします。
これを済ませてようやく退去になります。
また、いろんなケースもあるようですが、払うべき公共料金の支払いはすっかり終わらせているべきですし、部屋の鍵ですが、自分で作ったスペアなども全て、管理会社に返却しましょう。いろいろな引っ越しがありますが、どんな場合でも新たな生活を送れるようにするため何かとお金が出ていくので引っ越し作業を業者に依頼するとしても無駄なお金は使いたくありません。手始めに、業者の割引サービスが適用される条件を調べてみませんか。他のサービス業でも同じですが、引っ越しの割引も普通引っ越しが少ないとされる時期に引っ越しすることでオフシーズン割引になるので、その時期の引っ越しができるように、スケジュール調整をしていくと良いですね。
いよいよ引っ越しという時に、エアコンの扱いについて何も決められずにいる、などというような問題にお困りではないでしょうか。自分で取り外しや取り付けをするのは、知識がないと相当難しく、では、電気屋に来てもらうべきか、業者に引っ越し当日、取り外してもらうか、さらにまた、転居先への取付工事はいつできるのか、不明点が多いので、延々考えあぐねることになります。
餅は餅屋と言いますから、エアコンの事はエアコン専門の「エアコンサポートセンター」に相談し、利用を考えてみるのも良いですね。今の家に私たちが引っ越したとき、1歳の子供がいました。



こんな幼い子供でも何かと変わったことを感じていたようで戸惑いながら少しずつ慣れていったのがわかりました。
案外多くなっていた子供のものは、引っ越しを機にもう使わないものを片付けていきました。何かと整理する中で母子手帳を取り出して、これまで書いたところを読みましたが、ほんの少し前のことでも、妙に懐かしく思いました。

業者を利用した単身世帯の引っ越しは、引っ越しサービスも通常のパックではなく、荷物の多くない単身世帯に向いたサービスを使っていくと予算面ではかなりお得です。



こうしたサービスは専用コンテナを使うことが多く荷物が少ない人向けと決めつけられそうですが、結構多くの荷物が収まるものです。

それでも若干の荷物が余ってしまったら、宅配便など、他のサービスを使ってみてください。引っ越しを翌日に控えたら、寝る前に必ず翌日のスケジュールがどうなっているか見てください。
いつ引っ越し業者が来て、作業終了の目標は何時かなどを確認しておきましょう。
できるだけ荷物は運び出しやすい場所に持っていき、当日の関係者のために飲み物を揃えておきます。熱中症予防のためにも、飲み物があると夏だと、とても感謝されます。

引っ越しなどで住所が変わった時は、なるべく早く、国民健康保険の資格喪失手続きと加入手続きが必要となっております。ちなみに、資格喪失の方は、古い方の住所で手続きし、加入の方は、新住所の方で行なうことができます。


手続きに必要なものは、印鑑とそれに、運転免許証やパスポートといった本人確認書類になるものを持って行って手続きに行きましょう。同市、同町内での引っ越しである場合でも、転居届の提出は必須ですから、留意しておいてください。

枠下 枠上

我が家では今、ドラム式洗濯機を使用しています

我が家では今、ドラム式洗濯機を使用しています。
少し前に転勤により、引っ越しをしました。
引っ越してきた日、荷物が届けられましたが、濡れているダンボールを発見し利用した引っ越し業者に電話しました。

原因は、洗濯機でした。ホースの中の水がそれが漏れて出てきて、箱を濡らし、そんな状態で荷台に載せてきてしまった、ということでしょう。


箱が濡れていただけで、別段何か損害が出たわけではありませんが、まさか、洗濯機のホース内の水を抜く、という発想はありませんでしたからもし次の機会があれば、その時は気を付けたいです。

子供が生まれる前、夫婦二人暮らしの時でしたが完成したばかりのマンションを購入できまして、転居を決定しました。

引っ越し当日に起こったことですが、作業の最中、ずっしり大きいテーブルがあって、分解可能な筈でしたが、思ったようにいかないので、あきらめて、そのまま運んでもらったのです。そうしたら、不当な値段などではなかったと思いますが、追加料金を請求されてしまいました。事前に、例えば見積もりの時に追加料金が発生する可能性や、その条件について、尋ねておけば良かったと思います。

引っ越しによって、今までになかった問題が生じるもので、ガスコンロが引き続き使えるかも、考えなくてはなりません。


私は引っ越し先が新築だったのでガスコンロも必然的に新しくなりましたが、家具が備え付けられた住宅の場合には、今のガスコンロが引き続き使えることもあり得ます。プロパンと都市ガスなど、ガスの種類が変わるとガスコンロを使用できないこともあります。引っ越し後も同じガスコンロを使いたい場合や、買い換えの計画があれば新居のガスは何か、確認が必要です。これまでの人生の中で、引っ越しが多くない方にとっては人生の中でも、引っ越しというのは大事なイベントの一つかもしれませんが、だからこそ、予期せぬ出来事が起きることもあっておかしくありません。


とりわけ、ただでさえ大変な引っ越し当日、いろいろな仕事が集中したときにどこかでトラブルが発生すると、引っ越し自体が回らなくなる事態に陥りかねないのでくれぐれもスケジュールには余裕を確保しておきましょう。自分の周囲に大変な数のものがある生活を過ごしている方にとっては、引っ越しの最大の障壁は荷造りが終えられるかどうかです。


どんなに周りが協力しても、本当に荷造りできるのか自信がなくなってしまったら引っ越しそのものをあきらめたくなってしまいそうですが、いいきっかけになったと割り切って断捨離に徹すれば身の周りがかなり整理されるのではないでしょうか。


誰でも、引っ越したなら、様々な形で届を出して、結果として変更を迫られることもあります。代表的なのは固定の電話番号です。引っ越しの日が決まったところで、早めにNTTに連絡し、電話番号変更の手順をきちんと理解しておきましょう。

固定電話の番号は、市外と市内局番、それに個別番号から成り立つもので、同一市内局番の地域内で引っ越すなら、同じ電話番号を使うことができます。



引っ越しも一家で行おうとすると、なんだかんだと、引っ越し当日はやるべきことに追われて、一日がかりの作業を覚悟しなければならないので、あらかじめ終わらせておけることがあれば事前に終わらせておくことが大事です。引っ越し先で、直ちに水道も電気もガスも使えるようにしておくことをどんなことにも優先して終わらせておき、日用品など、引っ越す日まで使うと思うものは荷物の中でも目立つようにして、取り出しやすくしておき、さらにしまいやすくしておきましょう。



結婚に伴って転居したときに、ヤマト運輸の単身引っ越しサービスを使ってみました。
全面的に専門の業者に任せた引っ越しなど初めての経験で、電話でも緊張していたのを覚えています。ですが、スタッフ全員がきちんと対応していただき、作業も丁寧で全く問題なく引っ越しを終えることができました。
また引っ越しすることがあるでしょうが、そのときも同じ業者に依頼したいです。いざ引っ越そうという時に、エアコンの扱いについて何も決められずにいる、などというような問題にお困りではないでしょうか。エアコンは扱いが難しく、自分で取り外すのは難しく、だったら、電気屋さんにがベストなのか、それとも、引っ越しの日に業者に頼めばいいのか、そして、引っ越し先での取り付け工事はどうするか、といったように、どうしたらいいのか、よくわからなくなってきます。エアコンは一般的に、専門業者に頼むのが無難ですので、エアコンサポートセンターまで疑問点を尋ねてみるのがおすすめです。

近年においては、知る人も少なくなってきたようなのですが、家族やお手伝いの人と、引っ越し作業のあとでソバをいただく、といった習慣が、一昔前からありました。
どういった由来があるのかというと、ソバの形から細く長いお付き合いをしたいという願いを込めたのと、名称から「ソバ」に引っ越してきましたからよろしくお願いしますなどとダシャレも込めつつ引っ越し先のご近所に配ったとされており、江戸時代あたりから見られる習慣のようです。
子どもの習い事?仕事?として子役が良いかもと思ったけどテアトルアカデミーの料金を見ると厳しいなぁ〜
枠下
枠上 枠下
Copyright (c) 2014 引越しをきっかけに新しい習い事をはじめよう!子どもとの新生活ブログ All rights reserved.